Kaoru_Yamaguchi.jpg

 

​山口 かおる

ずっと住みたいまち、新宿へ

message_4248358_l.jpg

多様性のまち、新宿。

たくさんの働く人たちだけでなく、新宿をつくるのは若い人、長年新宿に住む人、子どもたち、

外国から来た人たちなど、実にさまざまな人たち。

ライフステージに合わせて都内各地に引っ越す人が多い中で、

新宿がいい、新宿に住みたいと思えるまちに、もっと魅力あるまち、

住みやすいまちづくりを目指します。

24287180_m.jpeg

人が大事にされるまち

誰かのためのバリアフリーは、みんなのバリアフリーに。大都会であっても、人の優しさを感じられる社会が理想です。年齢や性別、障がいがあるか、肌の色で差別されることのない人権を尊重する社会でなければなりません。障がいをもつ子も共に学ぶことができるインクルーシブ教育の推進、多文化共生の政策、LGBTQの人たちのパートナーシップ制度など、ここには居場所があると思えて、自分らしく生きることができるまちをつくります。

AdobeStock_297441489.jpeg

住みやすいまち

子育てや介護の支援、仕事の相談など、暮らしのセーフティネットが必要です。新型コロナウイルスによる影響で経済が落ち込んでいます。家賃補助やひとり親世帯支援など暮らしを支える政策を進めます。親の経済力によって左右されずに子どもが子どもらしく過ごすことができるよう、学校給食の無償化実現など、子ども支援を充実させます。家族の介護などで苦労する子どもたち、ヤングケアラーへの支援を目指します。

AdobeStock_291429089.jpeg

働きやすいまち

多くの企業がある新宿。企業の取り組みで、私たちのくらしももっと良くなります。その取り組みを支えるのは行政の仕事です。コロナ後の再雇用支援を充実させていきます。新宿区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度を発展させて、女性や障がい者の雇用促進をすることにも取り組んでいきます。

ブログ

  • LINE
  • フェイスブック
  • Instagram
  • さえずり

メールマガジン

ご登録ありがとうございました